Press "Enter" to skip to content

bgs投資を手掛ける半沢龍之介の経歴

世の中には、いろいろと美味しい話が溢れています。しかし、そういった美味しい話の中には、怪しい話題などもあり、選ぶ側は慎重に判断していかなければいけません。そのため、美味しい話を鵜呑みにするのではなく、どのような人物が、そういった事を仕掛けているのかを、しっかりと確認してからチャレンジするということが重要になります。

■半沢龍之介が手掛けるbgs投資について 新型コロナウイルスによって、経済がダメージを負ってしまった中でも、いろいろと景気の良い方というのはいるものです。そういった方の中には、本業ではなく、副業で資産を形成していることが多く、新型コロナウイルスなどの影響を受けずに安定して収入を得ているようです。そういった方の中でも話題となっているのが、bgs投資です。 こちらの投資は、新しいゲームのプラットフォームに対しての投資話になります。スマートフォンのゲームのプラットフォームと言えば、Google PlayやApp Storeがシェアの大半を占めていますが、新しいプラットフォームを作り上げることによって、新しい需要を確保することを目的としています。来年から5Gが本格化してくるということや、スマートフォンの所有率の向上などによって、スマートフォンアプリの需要度は高まってきています。そのため、多くの投資家の方々は、bgs投資にお金を投資しているのです。

■半沢龍之介の評判 投資をする時には、どのような人物が代表を務めているのかも、しっかりと確認しておく必要があります。半沢龍之介さんは、中国から日本にスマートフォンアプリを紹介していることで、多くの注目を集めた人物です。日本でも大ヒットとなっている放置少女や荒野行動などは、どちらも半沢氏がプロデュースしたものになります。 スマートフォンのゲーム市場は、年々増加傾向にあります。特に近年においては、テレビコマーシャルを多く見るようにもなってきています。空いた時間にすぐに楽しむことができるスマートフォンアプリは、老若男女問わずに人気のコンテンツになっているのです。スマートフォンのアプリ業界において、知らない人はいないと言われている半沢さんが手掛けている投資なのですから、評判になるのも当然です。

■半沢龍之介の経歴

半沢氏は、荒野行動や放置少女で有名になった人物なのですが、ぽっと出のラッキーガイではなく、しっかりとキャリアを積み重ねた人物です。中国の武漢大学を卒業後、日本の大学で修士号を取得します。その後は、日本でも大人気となったグリーの中国事業統括ディレクターなどに就任しました。 日本でも利用している人の多いアリババやバイドゥなどのサポートを行いつつも、ご自身でNDPmediaやClick Holdings株式会社などを0創業しています。現在では、年商40億円となり、非常に勢いのある人物です。それらの活躍から、日中友好文化交流最優秀個人賞も受賞するなど、中国と日本において、多大な活躍をしている人物となりました。そんな半沢さんが手掛けているbgs投資なのですから、話題にならないわけがありません。身元がしっかりとしていますので、躊躇することなくチャレンジすることができるのです。

半沢龍之介のFacebook