Press "Enter" to skip to content

半沢龍之介の魅力とbgs投資について

日本は少子高齢化による労働力不足とそれを補うための外国人労働者の増加により、ますます社会構造が変化していくと予想されています。そのため、大きく変わる社会に適合した経営者が今後注目されていくのです。では、日本を引っ張る存在となる経営者とはどのような人物なのでしょうか。

■キャリアと先見性 様々なキャリアを経てGREEに入社し、2011年に中国事業統括ディレクターとコンテンツディレクターに就任した半沢龍之介氏は、ケータイゲームを牽引する存在となりました。会員数は2,700万人を突破し2011年度の売り上げは1,582億円を記録したのです。また、世界ユーザー7,500万人を有する『OpenFeint』を買収するなど、世界最大級のプラットフォームの構築を目指していました。 このように、当時のモバイルゲーム、ソーシャルゲーム業界というのは日本が牽引する時代でした。しかし、半沢氏は「今後日本ゲームは衰退し世界のゲームがそのシェアを奪う」と予想したのです。この予言は当時は馬鹿にされていましたが、スマートフォンが爆発的にシェアを広げると当時ガラケーが主流だった日本のモバイルゲーム市場はあっという間に淘汰されていきます。このような先見性がbgs投資にも表れているのです。

■地方自治体との関連性 日本の地方に目を向けているのが半沢龍之介です。bgs投資など世界でも通用するビジネスコンテンツを事業展開している半沢氏ですが、香川県東かがわ市の1日市長になったことが大きな話題となりました。地方の持つ魅力を最先端テクノロジーでアピールするということはこれまで世界の中で埋もれていた、日本独自の魅力を広げる大きなきっかけになると語っているのです。これを民間と行政が共に力を合わせることで新しい街づくりになると半沢氏は語っています。 また、ふるさと納税の返礼品として福岡県の中間市1日市長にも半沢氏は就任しています。こちらでは市議メンバー職員との政策意見交換で「グローバルな視点を持つことが大切」という持論を展開します。そのご小学校で「未来」についての講演をするなど、ともすれば現状維持が良しとなりがちな地方行政において変革をもたらす存在として半沢氏は大きな働きを見せているのです。

■日本の未来を支える存在 現在、オンラインゲーム業界で非常に大きな注目を集めているbgs投資の中心人物となっている半沢龍之介氏ですが、彼は元々日本のモバイルゲームを牽引する存在でした。彼は日本ゲームの衰退と世界ゲームの盛り上がりを予想しており、その言葉が現実になることには日本ゲームの遅れは取り返しのつかない地点にまで落ちていたのです。 このように、「未来」を見据える能力に優れている半沢氏が次のコンテンツとして視点を定めているのが日本の地方自治体です。日本の地方自治体の持つ魅力をテクノロジーの力を駆使して世界中にアピールすることや市議メンバーに対して意識改革を促すなど、日本の持つ新しい可能性について熱い視線を向けています。このような動きをいち早く見逃さないことがこれ以上日本の価値を下げないことに繋がるのです。