Press "Enter" to skip to content

bgs投資で話題の半沢龍之介さんの評判について

効率的に資産運用をしていこうと思ったら、やはり投資をするのが一番です。低金利時代ですので、バブルの時のように銀行に預けていれば増えるという時代ではありませんので、他の資産運用を行いながら、しっかりと老後に向けた資産運用をすることが重要になります。今回は、最新の投資の中でも、特に注目度の高いbgs投資について調べてきました。

■bgs投資とは そもそもこちらの投資はどのようなモノなのでしょうか。こちらの投資は、業界初のゲーミングプラットフォームの投資みたいです。ゲーミングプラットフォームとは、ゲームを楽しむための土台や環境といった意味です。例えば、皆さんがスマートフォンでアプリを楽しむ時には、App StoreやGoogle Playなどを介して楽しむことになると思います。今回の投資は、App StoreやGoogle Playのようなプラットフォームを開発する際の共同オーナーになるために出資し、完成した後で投資金額に合わせて配当金を得る投資方法になります。 これから世の中は5Gの時代になります。ゲームを楽しむ環境は、更に整っていきますので、ゲーム人口も増えていくと予想されます。そんな中で登場したこちらの投資には、国内がら多くの方が注目しています。

■半沢龍之介さんの人物像 こちらの投資の中心人物となっているのが、Click Holdings株式会社の代表を務めている半沢龍之介さんです。半沢さんを簡単にご紹介すると、1978年に中国の武漢で生まれた46歳です。現在は、日本に帰化しているようです。中国の東大と言われている武漢大学を卒業後に、日本の足利大学に入学し、情報工学修士号を取得しました。その後、NTTデータグループなど日本企業でキャリアを重ねていきます。 その後は、ソーシャルゲームのプラットフォームとして人気となったGREE(グリー)の中国事業統括ディレクターや新規事業責任者などを務めています。日本でも何かと話題となるアリババやバイドゥなどにも関わっていて、中国と日本で大活躍している人物です。現在は、年収40億円を突破した優秀な人物です。

■半沢龍之介さんの活躍 半沢さんは、中国から日本にスマートフォンアプリを紹介しています。例えば、日本でも大ヒットとなった荒野行動や放置少女なども半沢さんのプロデュースとなっています。2021年7月時点において、中国から日本に200を超えるアプリを進出させています。紹介したアプリのうち、40を超えるタイトルが、年間売り上げのトップ100にランクインするなど、日本のアプリ業界では知らない人がいない人物なのです。 また、最近では、チェーンレス電動自転車のHonbikeを販売しているHONGJIの日本支社の代表に就任したことでも話題となりました。半沢さんは、エンジニアとしての顔が強いイメージがありましたが、実はプロデュースやマーケティング、コンサルティングなども優秀な人物なのです。これまでに成功している実績があるために、bgs投資の信頼度も高く、多くの方が資産運用先として選んでいます。